上野学園 石橋メモリアルホール ここに再び 楽興の時が刻まれる
ホール通信 ステージドア

アーテイストプロフィール

田中 美千子(ピアノ) Michiko Tanaka, Piano

東京藝術大学附属音楽高校、東京藝術大学および同大学院修士課程修了後、ドレスデン音楽大学留学。同大学院を最優秀で修了した後、2年間、同大学非常勤講師を務めた。1996年、マルクノイキルヒェン国際コンクールにて公式伴奏者を務め、最優秀伴奏者賞受賞。1995年、東京および名古屋でのデビューリサイタルで成功をおさめた後、現在まで日本各地および海外においてソロ、室内楽の両分野で幅広く活躍、いずれも高い評価を得ている。共演者はアポロン弦楽四重奏団、ターリッヒ弦楽四重奏団、クィンテット・ウィーン、アドリアン・コックス氏、ラルフ・デーリング氏、アダルベルト・スコチッチ氏、浦川宜也氏など国内外の多数におよぶ。これまで藤間洋子、左右田典子、ヤン・ホラーク、外山準、室井摩耶子、故アマデウス・ウェーバージンケ教授の各氏に師事。
ソレイユ新人オーディションおよび山形ジュニアピアノコンクール審査員。
1997~2000年東京藝術大学大学院室内楽科助手、2001~2004年同科非常勤講師。上野学園大学音楽・文化学部ピアノ科専任講師。

【この3年以内の主な活動】
東京および九州でピアノリサイタル開催。
ミュンヘンで浦川宜也&田中美千子デュオコンサート開催。
「浦川宜也&田中美千子 室内楽シリーズ」開催。
その他、九州、秋田などで公開レッスンおよびトークコンサート多数。
山形ジュニアピアノコンクール審査員。


公演特集記事 一覧
アンコールリスト 一覧
館長便り 一覧
フォトギャラリー 一覧
ホール通信 ステージドア
公演特集記事、アーティストプロフィール、フォトギャラリーなど