上野学園 石橋メモリアルホール ここに再び 楽興の時が刻まれる
ホールについて

ホールの概要

上野学園の講堂として1974年に誕生した旧石橋メモリアルホールを改築いたしました。バルコニー席を設け、座席数は508席。舞台周りの天井、壁の 形状(シューボックスを基調とした室形)を踏襲し、定評のあった旧ホールの響きを再現します。防振のためホール全体を浮床構造とし、録音にも対応できる音楽空間を実現。オーケストラ演奏への対応として、舞台の奥行・幅を拡張。楽屋を舞台階と同じフロアーにも設ける等のスペースを確保しています。旧ホールに設置されていたクライス社のオルガンを再び設置。進化したホールとして生まれ変わります。

上野学園 石橋メモリアルホール
客席 客席=508席(1階席=430席(車椅子スペース2を含む) 2階席=78席)
舞台 奥行き=11.5m、間口=10.3m~16.6m
パイプオルガン(クライス社)
併設ホール エオリアンホール(長方形平土間、客席最大84席)
音響設計 株式会社永田音響設計
設計 監修:株式会社プラットフォーム
設計管理:清水建設株式会社一級建築士事務所
ホール設計管理:株式会社現代建築研究所
施工 清水建設株式会社

新石橋メモリアルホールの音響設計にあたって

石橋メモリアルホールは1974年に誕生しました。その当時、都内の室内楽、リサイタル用ホールとしては東京文化会館の小ホールしかありませんでした。都心の、しかも、36ストップのオルガンを正面に設置したこのホールは、その豊かでしかもクリアーな響きで話題になったホールでした。
新しいホールは、その跡に計画中のビル地上3階分のスペースに生まれ変わることとなります。石橋メモリアルホールは私が音響設計事務所として手がけた最初のコンサートホールでしたが、幸いにも、この度の新ホールの音響設計も引き続いて担当することとなりました。
新ホールの計画に当たっては、演奏家、音楽ファンにとって評価の高いこの石橋メモリアルホールの響きを再現する事を目標とし、さらに使い勝手の上から指摘されているいくつかの問題点を改善することを意図して設計を進めております。

新ホールの特色をあげると
新ホールにはバルコニー席が設けられ、座席数は508席とする。
旧ホールの響きを再現する為に、舞台周りの天井、壁の形状(シューボックスを基調とした室形)はほぼ同じとした。
地下鉄騒音等を考慮して、ホール全体を防振構造で浮かして支持する。これによって、地下の機械式駐車場からの騒音振動も遮断され、クラシック音楽録音にも使用できる静かな音楽空間を実現する
オーケストラ演奏を考え、舞台の奥行、幅を多少拡張する。
楽屋をホール舞台階と同じフロアーに設ける。
旧ホールのクライス社製のオルガンは10月に解体され、一時倉庫に保新ホール誕生後、新ホールに設置、クライス社の担当者によって、再調される。
株式会社永田音響設計
取締役特別顧問/
工学博士 技術士(応用理学)
永田 穗
〒110-8642 東京都台東区東上野4-24-12 学校法人上野学園内
上野学園 石橋メモリアルホール
TEL:03-3843-3043(受付時間:平日10:00~17:00)
FAX:03-3843-6254
無料メールマガジン登録
チケット発売日など最新情報をいちはやくお届けします。
Ishibashi Memorial Hall チケット・オンライン
24時間、パソコン/携帯からいつでもチケットをお求めいただけます。(ホール主演公演と一部他催公演のみ)
Ishibashi Memorial Hall フレンズ
主催公演チケットの優先発売&グリーン会員は「月刊ぶらあぼ」が届きます
ホール通信 ステージドア
公演特集記事、アーティストプロフィール、フォトギャラリーなど